カジュアルになった名刺印刷

一昔前は、名刺は専門職でもありました。また、紙も高級な厚紙を使用する事、また大量に必要となる為、名刺印刷を行っている印刷会社にお願いするしかありませんでした。それこそ、全てアナログでの職人による作業の為、費用もそれなりに掛かっていました。しかし、時代は変わり、今や企業名刺だけではなく、プライベート名刺などを持っている人もいて、名刺と言う固いイメージは、今はなくなっています。また、企業名刺も昔の様に一色や二色ではなく、カラーに富んでいて、名刺がカジュアル化されている様です。その理由の一つに、自作出来ると言う事です。今や様々なアプリケーションが出ている事で、あまり難しいものでなければ、パソコンで自作出来てしまいます。名刺用の厚紙も販売されていて、その厚紙に対応している家庭用プリンターもあります。ただ、カジュアルになっていけばいくほど、きちんとした正規ルートでの名刺を頂いた時、重厚感を逆に感じます。そういう形で、使い分けていく事で、いろんな状況に使い分けられるのも、今の時代なのかなと感じています。

インターネット通販で名刺印刷を格安で頼みました

インターネット通販で名刺印刷を初めて頼みました。印刷部数が少なかったので、店舗で頼むと高いかなと感じ、インターネットで調べてみたら、100部という少量でもとても安く請け負ってくれました。テンプレートもダウンロードできるので、デザインなどにそれほどこだわらない場合は、簡単に気に入ったものが作れました。気を付けるのは納期くらいでしょうか。納期が長ければ長いほど、値段が安くなります。時間に余裕がある人の場合は、格安で作ることができます。また、色味は自分のパソコンで見たものと、印刷されてくるものは少し違います。色にこだわる人は、印刷会社とやりとりして決めるとよいかと感じました。部数が多くなるとまとめて送る場合の送料も安くなるので、自分は3人分まとめて発注をしました。利用したインターネット通販の会社は前払いなので、クレジットで払いましたが、すべてスムーズに事がはこんで満足しています。

印象に残る名刺印刷について

ビジネスマンの必須アイテムと言えば名刺ですが、一目で印刷に残る名刺というのは、どんな名刺なのでしょうか。交換したものの、後で見返し誰だったか分からない…そんな声を多数聞きます。やはりお金は掛かりますが、名刺印刷には手間と工夫を凝らすのが理想です。顔写真を入れることもそうですが、入社の経緯や趣味・特技か書かれてあれば、会話も弾むのではないでしょうか。昨今、名刺はパソコンさえあれば簡単に作成可能です。便利で安上がりなのですが、インターネットで探せば、様々なデザインで作成してくれる会社があります。百枚単位からですが、値段も安くお薦めです。印象的な名刺を受け取れば、仕事内容はもとより本人の人となりが浮かびます。それは新しいビジネスに直結しますし、他社との差別化を図るのが理想です。チャンスを逃さないで下さい。