年賀状のマナーについて

年賀状は年初めに、一年間お世話になった人たちに向けて送る挨拶の手紙です。
年賀状には様々なマナーがあることをみなさんは知っていますか?知らず知らずのうちにみなさんもマナー違反を犯しているかもしれません。
新年にお世話になった方々を不快にさせてしまわないように、今回は年賀状の書き方について紹介します。

年賀状には、賀詞という年賀状の文頭に新年をお祝いして書く言葉があります。
賀詞には1文字、2文字、4文字のものが一般的に使われるのですが、1文字、2文字の賀詞は目上の方には使ってはいけません。
1文字、2文字の賀詞はおめでたいという意味で使われますが、相手への敬意にかけるので、親しい友人や知り合いにはかまいませんが、目上の方へは使わない方がいいです。
例えば「春」・「賀」・「寿」・「福」などの1文字の賀詞、「賀正」・「迎春」・「寿春」・「初春」などの2文字の賀詞は目上の方の年賀状には書かないよう気をつけてください。
そしてやってしまいがちなのが賀詞の重複です。
明けましてという言葉には、新年という意味も含まれているので、「新年明けまして」という言葉は意味が重複しています。
また「賀正」や「謹賀新年」の後に「明けましておめでとうございます」という言葉を添えるのも重複になってしまうので気を付けて下さい。

また年賀状は新年というおめでたい日に送るものなので、忌み言葉は使わないようにしましょう。
壊、敗、破、崩、別、離、戻などの言葉は、年賀状にはふさわしくない言葉です。
まだこの他にも忌み言葉はいくつかあるので、自分の年賀状に使われている言葉は大丈夫か年賀状を出す前にチェックしておくといいと思います。

年賀状は元旦に送るのが礼儀正しいとされていますが、もしも年賀状を出し忘れた場合は、1月7日の松の内にまで出せば失礼には当たりません。
もしも1月7日までに届かないようなら、2月4日の立春までに寒中見舞いを年賀状として送ってください。
また喪中に年賀状をもらった場合は、年賀状のお礼と喪中であったことを、寒中見舞いで述べましょう。

最近はプリンターやパソコンの普及によって印字の年賀状が増えています。
印字は書き間違いがなく、綺麗な印象を与えますが、やはりそれだけでは相手に心が伝わりません。
一言、手書きで言葉添えをするほうがいいでしょう。

年賀状の書き方には様々なマナーがあります。
相手に失礼のないような年賀状を出すために、年賀状についてのマナーをしっかり学んでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です